今回は小田原城の石垣の積み方についてご紹介していきます。

城好きな方なら誰しもが興味を持つポイントのひとつが石垣だと思います。

今回は小田原城の石垣にフォーカスしてお伝えしたいと思います。

Sponsored Link





現在の石垣は復元された石垣

小田原城天守閣の石垣を見ると、かなり年季が入っているように見えこれは築城当時のものかしらと思われる方もいらしゃるのではないでしょうか。

実はこの石垣は、昭和25年~28年に復元された石垣です。

小田原城 石垣 積み方
引用元:(http://jun3519.blog.so-net.ne.jp/)

小田原城 石垣 積み方
本丸北側の石垣 引用元:(http://eizan.jimdo.com/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%9F%8E/)

1870年(明治3年)に廃城となった小田原城の大部分は解体されました。

残っていた石垣も関東大震災のときに崩れ落ちました。

戦後、1960年(昭和35年)に天守閣が復元されたのを皮切りに、現在に至るまで整備が続けられています。

 

オリジナルの石垣は図書館前で見ることができます。

実はオリジナルの石垣を見ることができます。

小田原城址公園内にある小田原市立図書館の前には、崩れ落ちてはいますが当時の石垣がそのままに見ることができます。

現在の石垣は、これらの石垣をもとに復元がなされています。

意外と知られていない隠れた見どころですね。

 

 

観光客があまり足を運ばない場所に隠れた見どころが

観光で小田原城址公園を訪れるとあまり目を留めないのがこの図書館前の石垣です。

なんだろうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、特に説明があるわけでもないので素通りされてしまうことがほとんどです。

もし小田原城址公園、小田原城にお越しの際は少しだけ遠回りをして図書館前の石垣をご覧になってみてはいかがですか?