今回は小田原城を散策するのにかかる時間について、ご紹介していきます。

江戸時代に入る少し前の戦国時代、小田原城は難攻不落の城として多くの戦国武将たちが小田原攻めを断念せざるを得ませんでした。

その難攻不落といわれた所以はその広さにあります。

その姿を今に残すのが『小田原城址公園』です。

広大な面積を誇る小田原城址公園


引用元:(http://joy-trip.jp)

小田原城天守閣を中心に形成されている小田原城址公園には、小田原城だけでなく、二宮尊徳(金次郎)を祀る「尊徳二宮神社」や、こども遊園地、歴史資料館などが併設されています。

Sponsored Link





また春には桜の花が咲き乱れ、日本の桜の名所100選にも選ばれています。

その他にも初夏には藤の花や、花菖蒲、紫陽花などを楽しむことができます。

小田原城址公園の総面積は東京ドーム21個分(11ha)という広さで、十分散策するのに1日過ごすことができるスポットです。

全てのスポットを散策

駅から小田原城址公園まで徒歩で約10分。
まずは小田原城天守閣を見学です。
天守閣や各門は再現されたものですが、じっくり歴史を感じながら見学してみてください。


引用元:(http://traveltoku.com/odawara-jyou/)

報徳二宮神社をお参りです。

引用元:(http://www.ninomiya.or.jp/)

二宮金次郎を祀る神社です。
報徳二宮神社に併設された神社会館内にあるカフェ・ジンジャーはオシャレれ洗練された雰囲気を味わうことができます。
歩き疲れた足を少し休めるのにご利用されてみてはいかがですか。

引用元:(http://tabelog.com)

お子様連れならこども遊園地で遊ぶのも良いかもしれません。

引用元:(http://spotlight-media.jp)

ちょっと懐かしいミニSLや、乗り物が1回100円以下で楽しめるというのも嬉しいですね。

楽しみ方はそれぞれ。ちょっとした散歩からレジャーまで

駅からの往復も含め、ちょっと場内を散策したいだけであれば1時間程度で周ることができます。

ゆっくり花を観賞したり、お城を見たり、神社をお参りしたり・・・フルコースで楽しもうとすれば1日十分楽しむことができます。

目的次第でいかようにも楽しむことができる小田原城址公園をちょっと散策してみませんか。